ブログトップ

すて猫in三国志大戦ブログ

holyhockle.exblog.jp

三国志大戦の世界に舞降りたアホ君主すて猫の活躍(?)とか愚痴を綴ったブログ

<   2007年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

4年も働いてると、そろそろ年度末の波にも慣れてくるもので。。。でもまぁボスを嫌いなのは慣れないよね(笑)
転職しようかな~(´ー`).。

さぁ今日も攻守デッキで出陣してきました。程昱の枠を悩むものの他の代案でいいのが浮かばなくて保留のままです。反計のプレッシャーがあまり程昱ではないんですよね、自分でも相手にして範囲がわかってるので、あまり怖くないという状態。そんな武力1槍は流石にどーしたものかなと
というわけで本日のお相手

攻守刹那求心(R司馬懿/R許チョ/SR曹丕/楽進/曹皇后)
開幕乙(R太史慈/R甘寧/孫桓/金環三結/張梁/周倉)×


1戦目の攻守は珍しい形ですね、てか槍いないのでこちら側にかなり有利です。相手が結局取った行動は曹皇后の水計と刹那求心での対抗でしたが、水計って。。。実はうちの部隊は兵力がシッカリ残っていると誰も落ちないんですよ!
終盤でも落ちる可能性が残るのはカク昭の知力5の部分くらいで覚醒二人はもともと大して被害無いのに知力が2上がって余計に落ちなくなりますからエライです。
水計撃たせて士気を無駄遣いさせるのがうまく嵌ると、かなり戦いやすくなりますね。この辺りが曹皇后の弱点でしょうか?最近、猫が曹皇后を外し始めた理由もそのあたりですね、士気7使って決定打にならない場面が多かった!
最近、知力高めで構成されている場面が多く見受けられるので、この辺りは自分で組む際にも気をつけたほうがいいかもしれないですね。

2戦目は甘寧にやられました。。。馬デッキなので走れないとやはり辛いですね
走れないところで甘寧に近づくと金環三結に弾かれるの繰り返しで無理でした。。。呉で2コストに妨害を持たせたいなら、やはり甘寧が強いと思います。徐盛も当然強いですけど(笑)

本日は程昱の反計が0回。。。むしろ武力1なので落ちるのが速い速い攻守使ってからも突撃する部隊の後ろで槍撃を繰り返すだけが仕事ですね。まぁ速度が上がっていれば相手を追いかけられるので反計もいい感じに機能しそうですけど現状、かなり微妙です。馬単とでも当たった時にうまく使えれば武力1でも頑張れそうですけど、そのためだけに入れるのもコスト1がもったいない
反計ではやはり現状、荀彧様が復権しているためにコチラを使う方が役割を果たせそうですね
と、なると程昱はやはり降板でしょうかねぇ張春華の方が役に立つかもしれないのが悲しいところですね賈クもいいなぁ悩む( ゚д゚)

明日は魏武でも使ってみようかな~?パーツが揃ったら難しそうですが、先日の頂上に出ていた一喝毒遮断デッキも使ってみたいですね
成公英きゃもん!!щ(゚▽゚щ)
[PR]
by holyhockle | 2007-02-28 00:34 | ゲーム
はい、完全に残業モードに突入したようです。土曜に休日出勤したのになんで月曜から仕事がつまるんだよ。。。ありえない!
仕事終わって取り敢えず1セットだけプレイしようとゲーセンへ
今日は気分を変えてデッキチェンジ!!マグロさんからの、お勧めのあった攻守デッキを使用してみます

R司馬懿/Rカク昭/SR羊コ/R杜預/程昱 武力23(25)/知力35(37)
騎馬4/槍1 伏2/魅1/醒2


結果は2勝1敗。
象檄文?(木鹿大王/朶思大王/帯来洞主/金環三結/陳琳/審配)
4枚八卦(SR諸葛亮/SR趙雲/R姜維/U張飛)
4枚陣法(SR姜維/R関平/R関興/張姫)×


思った以上に使いやすかったですね。序盤は伏兵2枚、中盤は武力12のカク昭が強い、終盤は粘りで凌ぐor攻守で押せ押せムードを演出。不意の挑発にも粘りで迎撃ダメを減少させて逆に姜維を押しつぶすなど隙があまりない感じ、惜しむらくは程昱がやはり範囲が狭いこと。。。サッカーでいうところのハーフウェイラインあたりの陣法を城からでて少し動いただけでは反計できずという場面で押しつぶされてしまいましたアレは参った(ノ∀`)


というところで、本日はPecoさんより文鴬が使いたい!との一報を受けまして文鴬考察の命を受けたので考えてみます。たまにみかけて武力10槍の強さを遺憾なく発揮してるので考える価値は大ですね

まずは文鴬のスペック
コスト2.5 槍 8/2 連醒 計略:大胆不敵(5) 3カウントのため時間で武力+10、知力と移動速度が上がる。
戦器:孫呉衣:弓兵防御アップ

素の状態で武力が10になります、素で武力10になるのは涼馬超とこの文鴬だけ、呂布はもともと武力10ですが知力1ですしね。覚醒付きなので両者は知力も上がるのでズッコイです(笑)
まともにぶつかると、基本的に勝てないので雲散でもないと、まず無理でしょう。。。

そこで、デッキですが以前、猫が黒王さんに献策したのがコレです
文鴬/馬策/孫権/陸績/カン沢

推挙>大胆不敵で10C以上武力20の高速移動する知力もアップした槍兵が暴れまわるのが楽しそうなデッキ、蛮勇も扱いを間違えなければ依然として鬼計略で十分な殲滅力アリ手腕もあるので普通に号令対決も戦えるはず。。。
陸績は柵と守城弓戦法を買っての採用、士気が余ってれば計略を使って相手がそのまま削れていくので最後の守りに使ったらいやらしい(笑)

苦手デッキは機動力不足により毒傾国等のガン守りデッキ、雲散が搭載されているので魏武デッキ等は大胆では戦っていけないかと思います。魏武はこちら主力がオバカなせいで序盤攻めづらいという点から見ても士気をためさせてしまい辛いでしょうね

逆に得意なデッキは、八卦、陣法等の武力上昇が低い号令の蜀デッキ。相手が八卦2度掛けしても手腕大胆で武力+15されてたら素で殴り倒せませんかね?(笑)
大徳で落雷があるなら推挙>大胆で攻めて武力20の槍が暴れまわれば相手は壊滅してるでしょう、まぁ頭のいい挑発で迎撃とれない呂布が暴れてるようなもんですからね。。。蜀には悪夢のような武将だと思いますよ。それに気を取られてる間に弓を射掛けられ策に突撃されとイイコトなし(笑)

まぁ使ったこと無いので妄想が過分に含まれてますが自分が相手にして苦労しそうなのを考えてみました。ダメ計有りも嫌いなんですが火計は荀彧が復権した今、通すのがなかなか辛い計略になってしまいました、加えて威力もあんまり。。。となると辛いんじゃないでしょーか?というのが猫の意見ですね。
[PR]
by holyhockle | 2007-02-27 01:16 | ゲーム
休日出勤が普通に始まってしまいました。困った困ったな感じですよ、遂に休みが休みでなくなる年度末に突入の雰囲気。。。
そんなわけでギリギリまで仕事して、時間だなーってあたりで転進を使って抜け出しました(笑)
アドにちょっと早目についたけど、あまりにも眠くて頭がボーっとしてしまうので撤退する!ていう感じに外へ出て軽く休憩。。。しながら寝そうになったのは秘密(ノ∀`)


アドに戻ったら、Pecoさん達が既にプレイ開始してて見学してたらロシュク先生も参上、そのすぐ後にZEROさん、ガスパールさんと続いて、そろそろ開始しようってことで並びだしたので猫も並ぶかーということで、並んでからデッキを考えだしましたとさ(笑)
カードをガサゴソとしてデッキを即興で組み立てました、せっかくなので普段使わないようなカードを組み込まなきゃってことで出来たのがコレ

夏侯淵/司馬懿/于禁/李通/楊弘/許攸

夏侯淵と司馬懿以外が連持ちの連計デッキ、R以上が禁止でなければ夏侯淵は徐晃にかわっていたんですけどね(`・ω・´)
士気が余りそうなら于禁は魏武の強で長時間武力8騎馬に、士気集積で士気バックさせて虚脱2度掛け香車とかもやってみたかったんですが、さすがにそこまでは余裕なし!夢見すぎです!!というところで順番が回ってきました

vsガスパール軍
張飛/姜維/甘皇后/U黄月英/曹仁/程昱

まずはお互いに様子見をしつつ、左右の野火を避けて中央で小競り合いする中で、張飛が司馬懿を踏んで撤退すると言うハプニングを利用してずんずんと前進
柵が邪魔で曹仁を落とせないも許攸が城門1発、司馬懿が壁1発に成功。許攸の後ろにようやくたどり着いた于禁を曹仁が踏んでくれたのも助かりました。そのまま于禁はすこし邪魔をして帰還して魏武の強使用。
インターバルから回復の舞の援護を受けて前線を上げてくるので、連計範囲を形成して程昱の届かない端っこから虚脱をかけて殲滅を狙ったら車輪が飛んできたので、そのまま脇を抜けた夏侯淵達で攻城して、まずは首一つ


負けたらデッキ変更OKのルールも途中追加で、連計に疲れた~とかいいながらガスパールさ
んとの2戦目
vsガスパール軍
張飛/姜維/麋竺/許チョ/張コウ

お互いに端配置、完全にすれ違いの配置です(笑)
許攸前進!楊弘の前進!!残りで張コウを止めにいく、無駄に迎撃を喰らったり許チョの弓が痛かったりで苦しい戦いになるも先にこちらの部隊がガスパール城へ到着。こちらの妨害部隊も許チョの弓で落ちていく攻城兵が壁に張り付きチキンレースの様相に!!
楊弘が張り付いてた分でこちらの方が攻城回数が多くてなんと麋竺の妨害間に合わずに辛くも勝利。18.8:0という結果でした。。。やばいやばい


vsイシヤ軍
司馬懿/郭淮/李通/陳羣/曹皇后/張コウ

おぉっと!?連計対決ですYO!伏兵踏みを慎重に行い伏兵が出揃ったところで神速攻勢、戦場とは関係ないところでこっそりと許攸は壁に、楊弘で牽制しつつ回りを掃除して楊弘城門、許攸壁にいれて、あともう少し!!ってところで撤退させられ落としきれず
攻守変わって防衛戦、虚脱を警戒してるも張り付かれたので出したら水計を喰らって張コウを止めきれず落城


ここでデッキ変更(許チョ/文聘/曹仁/程昱/張コウ)魏単の寡兵弓を使ってみます
vsPeco軍
徐盛/全琮/潘璋/黄蓋/甘寧

弓の撃ち合いはまぁまぁ互角、押しつ押されつの勝負をするも馬が迎撃を取られてバランスが崩壊、甘寧は最初に程昱踏んで撤退してたので都合よくこちらが崩壊し始めたところで戻ってくる。。。タイミングわりぃ( >Д<;)
張り付かれてから孫呉の戦火を駆使して攻城を奪われる甘寧を落として、こちらの攻撃ターンと思いきや徐盛が強く、守りでも孫呉の戦火が非常にうざい!程昱役にたたねぇ!!
って感じで、孫呉の戦火3回という回数で凌がれました(´・ω・`)

最後に天佑さんと対戦の機会があったんですが、デッキ登録時間切れという素敵な結果が表示されてコスト4で出陣( ゚Д゚)
Pecoさんが代打ちして見所は董白が一騎撃ちに2連勝したところくらいでしょうかね(笑)
というわけで、この対戦はノーカウントとなり猫の総合戦績は2勝2敗で終了ということになりました
いやー面白かったです普段使わない攻城兵という兵種とR以上が使用禁止っていう縛りはなかなかデッキが組みづらかったですが、今回1番人気の攻城兵は魏の張コウだったのかな?
あとは田豊もそこそこいたのかな、黄蓋とか攻城兵のままだったら良かったのに~とか思ってしまう集会でした。
次の集会のお題はどーなるのかな~って3月は忙しくて参戦できそうにないんですけどね~
いちぉう思いついたの、1勢力につき1枚しか使っちゃダメとか(笑)
また集まれたら、集まりましょ~~
[PR]
by holyhockle | 2007-02-25 11:28 | ゲーム
やばいですねぇ。。。ホンキで帰るのが遅くなってしまいました。
困りましたね~平日はそろそろ出来なくなって来ましたかねぇ参りました。もう少し練習とかしたいんですけどね

今日はサブカードで刹那神速とスターター縛りを試してきました。戦績としてはどちらも1勝1敗
刹那神速はデッキを少しいじってトウ艾/陳泰/R曹仁/曹皇后/程昱としました。これも確定の形じゃないですが、勝てる相手から勝って行こうという方面に進んだ結果ですね。蜀の陣法や八卦には、相手のミスに期待するという消極的な勝ち方になってしまいそうですけどね


刹那神速
手腕屍(SR孫堅/R孫権/孫桓/朱拠/程普)
陣法(SR姜維/U張飛/張翼/趙累/廖化)×

スターター縛り
4枚八卦(R槍馬超/疾風趙雲/憤激劉備/SR諸葛亮)
呂布ワラ(呂布/司馬徽/金環/周倉/張梁/阿会喃)×


刹那神速は、まぁ予定通りの結果ですね。珍しい形の手腕屍ではありましたが陳泰の投入は屍を雲散することを目的として入れたのが本当の理由なんで効果覿面です。
屍のあの範囲ならいい感じに雲散の睨みの範囲に入りそうだな~と思ってたんですよね。まぁ予定より、もう少し範囲が狭かったのでちょっと苦労しましたが、屍にはいい感じで戦えそうな手応えを感じました

陣法には開幕攻めをしました。結果、開幕落城させることができずにインターバルを置いてしまい陣法で攻め込まれてしまい刹那号令で対抗するも、後ろからの突撃と車輪でジ・エンドです
開幕攻めで落としきれない時の対処法をもっと作れれば、なんとか戦えなくもないかな?な印象


スターター縛りの方は。。。呂布ワラに教えが紛れ込んでると勝ち筋がない気がします無双で蹴散らされて終了ですよ(笑)
まぁ序盤は結構頑張ったんですよ。呂布に呂範踏ませたりして攻め込んだんですけどねぇ
ワラワラには流石に及びませんでした

というところで、最後に八卦のリプを残したのはですね。。。これでいいのか?って感じだったんで残しました
戦闘はこんな内容でした
開幕は枚数が少ないので散らせようという思惑で中央に柵配置で孫権、右サイドに曹操、凌統を左には夏侯惇、呂範を配置して開戦
相手は中央に固まってました。取り敢えず左右に揺さぶりを~ということで両サイド前進、うろうろするであろう部隊に弓をあてるために孫権すこし前進。

最初はどちらのサイドを攻撃しようかうろうろ、その間にも弓が当たる。左右を引いたり進んだりで狙うほうを定めさせない猫軍の動きに痺れを切らしたのか、あろうことか集団で前進し中央突破をしようとのっしのっしを攻めあがってくる相手。。。
柵の後ろに孫権は戻って、曹操、凌統を相手城へ張り付かせる。呂範はもしかしたら諸葛亮がいるかも?と思ったので城門へ
夏侯惇だけ戻って孫権の援護に回る素振りで槍で迎撃を狙おうとする部隊を釣ったり
この間にもガンガン相手の城を削っているので劉備が戻ろうとしたところに1回突撃を喰らわせてから戻す

柵が破壊されて趙雲が城門、馬超が壁へ孫権は一旦城に入って横から出て趙雲に横弓。車輪ができない馬超へ夏侯惇突撃。馬超が落ちたあたりで、相手の城も落ちました。
諸葛亮出て来てないし!大方、左右のどっちにいこうか迷ってる時に一緒に左右に動いてたんだと思います。。。そのまま一緒に前進もしたのかもね

スターターデッキだから油断したんでしょうか?だとしても、非常にお粗末ですが。。。たまに緑の国の方はリアル猪突猛進な方が紛れてらっしゃいます。こちらとしては楽に勝てるんでいいんですが、どうなんですか?ホントにまっすぐ進むだけで勝てる相手が結構いるの???

※本日の記事は蜀使いの方をバカにしているわけではありませんので過大に受け取らないでください。
[PR]
by holyhockle | 2007-02-22 23:55 | ゲーム
さー日々の挨拶もなしに早速、すてねこの戦績を暴露しちゃうぞ~~
本日のすてねこ戦績
呉バラ(R孫堅/馬策/R周瑜/孫桓/韓当)×
排出停止入りワラ?(U許チョ/法正/カイ越/孫乾/旧劉封/王平)
魏武大水計(魏武曹操/R曹仁/荀攸/楽進/程昱)×

本日の引き:朱拠、カク昭、俄何焼戈
今日も厳しいなぁ。。。カク昭のコストが今は入れるには微妙

というわけで、本日もPecoさんよりのリクエスト!SR夏侯惇について考察してみたいと思います。追加カード登場初期は騒がれましたが今では対処法も知れ渡って壊れというほどではなくなってきましたね。まぁ先日、池袋で8人も喰われてやっぱ強いなぁと実感したわけですが(笑)
※本日の記事は、猫が夏侯惇を持ってないので試したりなんてのもできません、ツッコミどころ満載かなと思いますが笑って許してください

さてPecoさん案は以下の4つ
1.刹那神速デッキ
2.攻守自在デッキ
3.魏バラ(張コウ+司馬師)
4.求心デッキ


まずは魏のおさらいとしてですが基本的に槍が弱く高武力は馬が多いですので、武力を高くしようとすると馬多めになり槍に弱くなる、槍を入れると総武力が下がるというひじょーに悲しい特性があります。コストに対して武力が低めになる曹操なんかをいれたデッキはモロにこの影響を受けます。
騎馬と妨害の国として馬と弓で組むと非常に馬デッキに弱くもなります。
そう考えると、槍と馬の蜀は非常にバランスがよくできてますね。。。正直な話、魏でバランスデッキを組むのはなかなか難しいです

ということを踏まえてで、1~4までの案についてです。
まずは刹那神速とのコラボ、最初の頃に頂上にのったトウ艾/夏侯惇/曹皇后/楽進/賈クでしたっけ?強いとは思いますが、これにするなら魏4で考えた方が使いやすいと思います。武力1が2枚ってのは厳しくないですか?曹皇后と楽進をまとめて2コストにした方が戦いやすいんじゃないでしょうか?
曹皇后か賈クを程昱に変えて槍1を持たせた方が柔軟に対応できるかもしれないですね

次に魏バラですが、前述の通りに槍が弱いので攻め切れない可能性が高いです
これは先日、Pecoさんの魏バラと戦った印象ですが全体強化があるわけでもないので戦場中央辺りでのぶつかり合いであれば基本的に恐怖がありません。迅速な鎮圧を使われても引けば効果が切れます。軽い士気で使えるものを揃えても圧力がなく持ち味が発揮できる場所が超局地になりそうな印象です

求心デッキは、求心/夏侯惇/楽進/程昱/賈クとかになるんですかね?これならば求心で基本の攻めは可能になりますね。
妨害としては未だに恐怖の計略である離間があります。ただ結局、この形も1と違うのはトウ艾か求心かの差しかないんですよね。結局1でも言ったように4枚でいいんじゃないか?そして4枚なら求心じゃなくて。。。となっちゃうのが厳しいですね
それでも、このデッキのいいところは従来の求心になかった超絶強化が加わることで汎用性は上がったであろうことですね。あとは程昱の槍を上手く使うことが出来れば、結構いい線いくと思います

最後に攻守を残したのはデッキ構成の上での大きな問題がありまして、攻守で2.5コストを採用するならR典韋という壁が立ちはだかります。武力9槍(槍兵防御アップ)を押しのけてまで神速の理が必要ですか?攻守であれば結局は基本的な形の司馬懿/ホウ徳/張コウ/楽進/程昱orR典韋/司馬懿/R曹仁/楽進/程昱の形のほうが使いやすいと思います
司馬懿と夏侯惇の組み合わせは、強そうに見えて相性が悪いと感じさせました


以上、思いつく限りのダメ出しをさせていただきました。
じゃーオマエの案は無いのか!?というところで、ありきたりですが回復舞との融合型が持ち味を活かせるのかなと思います
SR夏侯惇/U張飛/司馬師/曹植/甘皇后  武力23(25)/知力27(29) 
馬1槍1弓2歩1 魅2/勇1/柵1/伏1/醒1


妨害が流行っているので曹植を入れました。本人が柵を持っているのも非常にありがたいですね。これでダメ計以外はあまり問題にならなくなるかと思います。曹植1枚いるだけで相手に鎮圧がいても連環がいても気にならなくなりますし、単体スペックではコストあたりの最高峰である夏侯惇と張飛のコンビもいますし、更に乱戦中に鎮圧をかければかなり場を制圧できるかと思います。舞以外は全て使用士気が軽いのも特徴で序盤も柵伏もありますし、戦っていけるかと思います。
問題は舞デッキへ慣れるのに時間がかかりそうかなーという点でしょうか(・∀・)
[PR]
by holyhockle | 2007-02-21 23:18 | ゲーム
仕事がだんだんと忙しくなってきましたね。。。3月はプレイ回数もガンガン減っていくんですよね今のうちに遊べということでしょうかね
というわけで、本日も『すてねこ』で出陣してきました。デッキに変更はありません

大将軍(張勲/SR甘寧/U田豊/逢紀/辛評/許攸)
ケニア(無双呂布/武神関羽/SR張飛)
隙無き栄光(R袁紹/R顔良/R田豊/U劉備/張コウ)×

引きはU曹仁、R鍾会、張翼でした。曹仁と曹操の入れ替え位かな?悩むとしたら。。。


というところで、すてねこリプレイは置いといてPecoさんが赤い国で魏武と求心デッキを考案されておりましたので考察してみたいと思います
魏武:魏武曹操/王濬/司馬師/楽進/荀彧
求心:求心曹操/R張コウ/司馬師/楽進/荀彧

この二つを考案されたとのことなので、この二つを叩き台として考えていきたいと思います

両方の共通点として反計要員&司馬師が入っている点があります。あとは曹操の違いにてデッキ内容が違っているというところですね。
そこで、まずは魏武デッキです。曹操がコスト3なので1.5の司馬師が入ると相方も1.5コストとなりバランスを取っての槍の投入としての王濬かと思います。魏武の大強も相性的によいかなと思いますが正直厳しいのではないかなと懸念する材料でもあります。初期に現れてる武力の内訳が5:4:1の3名ということは、うまく伏兵を当てない限りは開幕で持っていかれる可能性を大きく含んでいる構成だと思います。

ただ、序盤以降は強いと思います。今までの魏武のネックは号令後に軽い士気で相手を征する術に乏しいことでしたが迅速な鎮圧を入れたことで瞬間的に武力差11にもなりすり潰しが可能になっています。例えば魏の苦手な八卦等の計略無効計略等にも、こちらの武力が底上げされているので二度掛けでもされなければ普通に戦えます。まぁ反計すればそんなものもどうということはないのは言うまでもありません
武力が上がっているのでライン上げも比較的容易かと思いますしね。

ただ、猫の個人的な見解としては雲散と反計を装備させた魏武の方が相手にした時に辛いかなと思います。雲散があることで反計の対象も絞れるのが強みかなと思いますしね
本日の頂上で初志貫徹5氏の使っていたのが魏武/杜預/羊コ/陳羣/荀彧ですが、猫ならばこちらを使うかなと思います。というか構想してた形だったんですよね。。。羊コが手に入らないので断念してましたけど


続いては求心デッキです。ぱっと見た時にこっちの方が比較的運用しやすそうかなと感じました
構成としてのコストバランスも、よくある構成となっていますし魏武のような序盤の不安感も特に無かったのが、その理由です。
求心は大徳、手腕と比べて1番長く効果が続く号令ですし粘りとの相性もいいと思いますし、士気が空になりますが求心>粘り>鎮圧で超絶号令が来ても逆に押しつぶせそうなのが怖いですね。そこまでしたらカウンターで落とさないとタイヘンなことにはなってしまいますが(笑)

英傑号令なのでもれなく士気6使ってしまうのが、ちょっとなーというときでも鎮圧を使って攻めていけるというのも強みになるかと思いますし2.5コストの武将と司馬師の1.5コストいうのが非常に相性がいいのが際立ってます
基本的に守りよりはラインを上げてこそ強みを発揮できるデッキだと思いますので積極的にラインを上げていければと思います。


求心ばかり持ち上げてるじゃないか!!って言われそうなのですが、まず前回の記事のコメントにも書いておきましたが慣れれば魏武の方が強いであろうと思っています。(雲散は必要だと思ってますが)
ただ慣れるのに時間がかからなさそうで操作も比較的簡単じゃないかなというのが2つを比べた場合は求心だと思ったわけです。
どちらにしても反計の精度で、勝率はかなり変わってくるはずですので荀彧様の熱視線をマスターしてください!
[PR]
by holyhockle | 2007-02-20 23:45 | ゲーム
メインICでさっくりと参加賞の金300を受け取って傾国デッキに負けてまいりましたので、久々にスターター縛りの『すてねこ』を出陣させました。

現在のすてねこデッキ
HE曹操/U夏侯惇/C凌統/U孫権/呂範
で全体強化が指揮、ダメ計が火計、妨害が名君となっております。これだけみるとそこそこ戦えそうに思えちゃうので不思議ですね(笑)

本日のお相手
蜀単桃園(R劉備/SR趙雲/U月英/R王桃/U姜維)
呉単手腕(LE甘寧/R呉国太/R孫権/韓当/孫桓/文欽)×

まずは桃園ですか。。。見た瞬間半分諦めたんですけどね(笑)
火計も忠義>桃園で潰されるし普通に桃園で攻められただけでも、こちらが溶けちゃうのは目に見えてますからね。。。
そんなわけでまずは相手が当然のように攻め込んできます、趙雲を凌統で牽制しつつこちらも呂範を姜維に当てようと必死に動かしつつ月英に突撃したりと大忙しで退け、逆に夏侯惇で壁を1発

相手の逆襲で城付近で桃園発動、趙雲を迎撃して火計で焼いて全員お帰りいただく、相手再起して忠義をかけて進軍、姜維と劉備をを集中的に減らしていく、また忠義を掛けたので桃園の線が消えて指揮で押し返して終了
ダメ計万歳(n‘∀‘)η


2戦目は悪地形&柵弓デッキでまさにゲンナリ
序盤は互角に戦って柵1枚削って引き上げ、攻めてきた相手をちびちびと削って防衛
相手がゾロゾロと槍を前に弓で援護しながら上がってきてとどめに双麻痺矢でガンガンもっていかれ壁に1発、門に1発持っていかれるも、相手をほぼ殲滅&相手は兵法連環を叩き終わり
こちら再起から城出し呂範で文欽&甘寧を焼き払って進軍。壁に張り付いて逆転するも戻ってきた部隊に防衛されて残り17C。。。復活が一人しか間に合わず再逆転を許して終了
まぁ思ったよりは頑張ったというところでしたか

本日のすてねこの引き:淳于瓊&SR馬騰
両方つかえねぇぇ。。。(´・ω・`)
[PR]
by holyhockle | 2007-02-20 00:01 | ゲーム
さすがに終電で帰ったのでレポをあげることができませんでした。
いやホントは書いてたんですよ?なんか途中で消えたので不貞寝したんですよね。。。1時に家に着いて3時近くまでかかったのに酷い話です。仕事もあるというのに(ぉ
というわけで、以下はレポです

まずはPecoさんVS平野屋さん
夏侯惇入り魏バラVS呉バラの戦いになりPecoさんの勝利。この戦いの模様はPecoさんがレポしてくれてますので、そちらをご覧ください。

そこで勝者のPecoさんを猫が迎撃する形に
すて猫軍(トウ艾/カク昭/曹丕/楽進/曹皇后)
             VS
Peco軍(SR夏侯惇/張コウ/司馬師/楽進/程昱)
まずは伏兵2枚を探すということで曹皇后発進。予想通りのところに程昱発見で、そのまま壁突で程昱撃破。こちらはトウ艾がまだ残ってるが、張コウの槍を盾にした夏侯惇が邪魔だったので、城へ引き込み作戦へ上手いこと楽進がトウ艾を踏んで撤退させ、こちらはカク昭が司馬師を踏んづけて生き残り一旦帰城。
その間にトウ艾を被せて突撃で張コウを落として、攻め込むも夏侯惇と森から弓を射掛ける司馬師が邪魔で攻城を奪うにはいたらず、被害が広がりそうなので引き上げ

インターバルを置いてのぶつかり合い、こちらも士気が貯まっているので危ないよな~ということでまずは水計を楽進&張コウへぶっ放して楽進を流して張コウの兵力も削る。そのまま曹皇后は端攻城へ発進
トウ艾、カク昭をぶつけて楽進も乱戦したところで司馬師が迅速な鎮圧&刹那の粘りが来たので、とりあえず求心でもするかーポチっとな「私には通じぬぞ!」あーそういえば重なってたよね。。。それでも効果が切れるのが早いので大事に至らず。曹皇后は壁を殴って夏侯惇に突撃を喰らって見事に殉職するも、相手も夏侯惇以外残ってないので再起を使われて再びインターバル

先に攻めあがってきた相手が纏まっていたので、連環を叩いてバラけ無いようにして反計のちょっと手前から4人含めての水計、そのまま曹皇后は再び壁へ悪さをしに
あとは丁寧に槍を避けつつ突撃して壁突してタイムアップへ
水計が光った1戦といった内容だったかなと思います。兵力を先に減らしておけば理も使いづらいでしょうから、先出しで攻めてみました


続きましてはロシュク先生との1戦
VSロシュク軍(疾風趙雲/SR孔明/R当千馬超/R姜維)
えー画面を見た瞬間に「そりゃないよ先生!」って叫んでました(笑)
どう見ても相性最悪です、先日の記事でも書いたばかりじゃん!!というわけで、知り合い相手にやりたくないんですが開幕狙いの構えでトップ配置で置きました
城前配置をされて、敢え無く目論みは潰されました。。。仕方ないのでトウ艾をすこしづづ進ませながら孔明探し、じわじわと上がるトウ艾その前後を曹皇后を先頭にうろうろ曹丕が弓を射掛けて兵力を少しづつ削る

士気が少し貯まったところで、姜維が纏まっている騎馬部隊に挑発。。。「戦いの時は来た」トウ艾バリアの発動です!迎撃を狙った趙雲が踏んづけて槍が消えるも姜維の槍が消えきらずに何人か迎撃されるが増援を叩いて趙雲、姜維を葬り刹那の神速で馬超を叩きにいったところで楽進が諸葛亮を踏んづけて撤退
馬超をその間に叩き落して、トウ艾&曹丕が壁攻城へカク昭は諸葛亮に迎撃できそーな素振りを見せて攻城妨害へ集中させず何発か壁を削って曹丕を生贄に帰城

インターバル後、先に攻めあがって相手が城から出たところで馬超を含めて水計。姜維も叩いて壁に張り付き、何発か殴っていると八卦一人掛け&疾風車輪で逆襲に出られる、曹丕を遅らせてトウ艾を生還させ、曹皇后楽進曹丕にはそのまま死んでもらう
とゆーか、楽進とか追い越されて趙雲を追いかけるような形になって笑ったんですが!!

趙雲と孔明に張り付かれて、防戦するもやはり突撃できないおかげで逆転されてしまう
残り時間も僅か孔明、趙雲を落としてあるので兵力少ないままで全員出撃。曹丕は端攻城へ
馬超が一騎当千で向かってくるので刹那神速での集団突撃で落として曹丕が壁にたどり着いたので全員で姜維に乱戦を仕掛けて時間稼ぎでなんとか攻城が入り再逆転に成功
トウ艾とカク昭で防衛~となったところでタイムアップ
序盤に攻城を成功させたのが勝因の一つとトウ艾&カク昭を撤退させなかったのが守りの面で役立った感じですね


最後にアドのPecoさん達のお友達の伐沙羅さん
VS伐沙羅軍(SR夏侯惇/SR夏侯淵/陳泰/曹皇后)
じつはあんまり内容を覚えてない。。。ただ要所要所で読み間違いが大きくて、ことごとく夏侯惇に武将が食べられていったという感じです
夏侯惇に8人撤退させられていますからね。。。理に刹那神速で集団突撃したけど落とせなかったりといろいろありますが
馬の扱いの精度差で負けていたので、素での戦闘で少しづつ押し込まれた結果、無理な動きを強いられていった結果ですね。落城されなかったのだけが漢の意地です(`・ω・´)
馬の扱いとか、もっといろいろ聞きたかったですな


というわけで、2勝1敗でした。
絆の方へいったりで平野屋さんとは対戦できずに申し訳ないっす。今度またお会いできたら対戦しましょ~禁さんと獄長も!
取り敢えず、発注しておいたブルー特攻服を渡せたのでよかったよかった
残りの5枚は呉の民である黒王さんのところへでも進軍させるとしますか(笑)
[PR]
by holyhockle | 2007-02-18 00:35 | ゲーム
金曜の夜は平野屋さんを迎撃すべく池袋へ

参加賞目的で大会に出たところで声をかけていただきました
ちゃんと、こんにちアンコモンって言いましたよ!

その後、徐々に集まっていきテキトーに店内対戦開始
対戦したのは
Pecoさん
ロシュク先生
アドのPecoさん達のお友達の方

平野屋さんとは時間が合わずに対戦できませんでした(^・x・^)

各試合のレポは今夜にでもー終電で帰ったから
詳しく書く暇がなかったので
[PR]
by holyhockle | 2007-02-17 08:16 | ゲーム
自分の中での復習を兼ねた記事も三日目となりました。今回はもはやどうしようもない域にまで達した感のある車輪搭載型の八卦について考えたいと思います。
考えるまでも無く勝ち筋は相手のミスじゃん。。。

デッキサンプル(疾風趙雲/R当千馬超/R姜維/孔明)
思いつく限り、最強に最悪な相手です。今なら馬超をSR魏延に変えてもいいかもですね。八卦かけて孔明を斬り捨てるとか考えただけで怖いです。

伏兵を踏んでくれても退場するのは馬超のみ、そもそも馬超が踏んでくれるのを期待するのは甘いというものです。普通に考えたら頭のいい槍がノシノシ歩いて踏んづけて、そこに馬超が突撃するという作戦に出ますからね、こちらに出来ることは開幕での乱戦から殲滅といったところをまず猫は狙います、2.0の頃にやってた逆開幕乙ですね。つーか、そこにしかマトモに勝機がないんじゃないかなーと思ってたりもします

次に開幕で痛みわけ、中盤に差し掛かる時ですが、相手に士気12を溜めさせないことです。
インターバル後、士気7付近でラインを上げていき水計の存在をちらつかせます。死なないと解っていてもその後の乱戦で不利になるのは相手もわかっていると思いますので、ここでまず八卦二人掛けを使わせたいという狙いですね。
思惑通りに二人掛けを使ってくれたら刹那の求心でトウ艾&夏侯淵の槍消しからの突撃と弓援護で落としていくのが理想的ですね。この状態ならば士気的にも車輪まで余裕があるでしょう

八卦を使わなかった場合、まずはそのまま槍消しにいって突撃の流れへ。そこで車輪が発動したら引き上げます。深く刺さってなかったら走って逃げれるんですがそうもいかないので刹那の神速使っちゃった方が確実ですかね。曹丕をこの時にできたら撤退させないように注意
逆に相手がラインを上げてきた時に刹那の求心でカウンターを取りたいところです。


八卦に対しての戦略として気をつけるのは、こちらは軽い士気で戦えるのでできるだけ自分から積極的に動いて相手の士気を溜めさせない12溜められたら負け
曹皇后は少し戦ったら端攻城へ、誰か一人でも釣りたいところ。孔明以外の主力が釣れたらラッキー

と、ここまで考えて戦っても基本的には相手次第です。普通に頑張っても相性差が激しすぎて苦労して引き分けとか、やっぱり何発か入れられて取り返せないなんてのがほとんどですね
蜀と戦えるというコンセプトに組んだのですが、まだまだ改良の余地はかなり残っていますね
[PR]
by holyhockle | 2007-02-15 22:30 | ゲーム